電脳羊(Android Dream)

アクセスカウンタ

zoom RSS Ubuntu コンソールからSSHを使ってPUSHしてみる

<<   作成日時 : 2016/05/02 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SmartGitからリモートリポジトリにPUSHしましたが伝統的なコンソールからの方法もやってみます。
せっかくだからSSHでPUSH
公開鍵は既にBacklogに登録済み。

適当にSpring Starterプロジェクト作成します。
Run As→Meven InstallでJarファイル作ってと

1、Git用に初期化
コンソールでWorkSpaceに移動して
$ git init
Initialized empty Git repository in /home/oono/Documents/workspace-sts-3.7.3.RELEASE/MyBootApp2/.git/

.gitというディレクトリが作成されました。

2、管理対象を設定
$ git status
On branch master

最初のコミット

Untracked files:
(use "git add <file>..." to include in what will be committed)

.classpath
.mvn/
.project
.settings/
mvnw
mvnw.cmd
pom.xml
src/
target/

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

Untracked filesと表示されますね。
初期化しかしてないからしょうがないですな。

とりあえず全部管理対象にします。
$ git add .
$ git status
On branch master

最初のコミット

Changes to be committed:
(use "git rm --cached <file>..." to unstage)

new file: .classpath
new file: .mvn/wrapper/maven-wrapper.jar
new file: .mvn/wrapper/maven-wrapper.properties
new file: .project
new file: .settings/org.eclipse.core.resources.prefs
new file: .settings/org.eclipse.jdt.core.prefs
new file: .settings/org.eclipse.m2e.core.prefs
new file: .settings/org.eclipse.wst.common.project.facet.core.xml
new file: mvnw
new file: mvnw.cmd
new file: pom.xml
new file: src/main/java/com/example/springboot/MyBootApp2Application.java
new file: src/main/resources/application.properties
new file: src/test/java/com/example/springboot/MyBootApp2ApplicationTests.java
new file: target/MyBootApp2-0.0.1-SNAPSHOT.jar
new file: target/MyBootApp2-0.0.1-SNAPSHOT.jar.original
new file: target/classes/META-INF/MANIFEST.MF
new file: target/classes/META-INF/maven/com.example.pakuqi/MyBootApp2/pom.properties
new file: target/classes/META-INF/maven/com.example.pakuqi/MyBootApp2/pom.xml
new file: target/classes/application.properties
new file: target/classes/com/example/springboot/MyBootApp2Application.class
new file: target/maven-archiver/pom.properties
new file: target/maven-status/maven-compiler-plugin/compile/default-compile/createdFiles.lst
new file: target/maven-status/maven-compiler-plugin/compile/default-compile/inputFiles.lst
new file: target/maven-status/maven-compiler-plugin/testCompile/default-testCompile/createdFiles.lst
new file: target/maven-status/maven-compiler-plugin/testCompile/default-testCompile/inputFiles.lst
new file: target/surefire-reports/TEST-com.example.springboot.MyBootApp2ApplicationTests.xml
new file: target/surefire-reports/com.example.springboot.MyBootApp2ApplicationTests.txt
new file: target/test-classes/com/example/springboot/MyBootApp2ApplicationTests.class

3、不要なものを除外
ビルドすれば出来る物は除外します。
*.class, *.jar

トップディレクトリに.gitignoreを作成して以下のように書きます。
# class file
*.class

# Jar file
*.jar

4、再度管理対象を設定
.gitignoreに書いただけでは除外にならないのでもう一度設定し直し
管理対象を削除して
$ git rm --cached -r .
$ git status で確認、初期に戻ってます。
再度設定
$ git add .

5、管理されないファイルを確認
$ git ls-files --others --ignored --exclude-standard
.mvn/wrapper/maven-wrapper.jar
target/MyBootApp2-0.0.1-SNAPSHOT.jar
target/classes/com/example/springboot/MyBootApp2Application.class
target/test-classes/com/example/springboot/MyBootApp2ApplicationTests.class

想定した通りJarとclassが管理対象外になっています。
ただ、maven-wrapper.jarは良く分かりませんが管理した方が良さそうな気がします。
基本jarは外すが特定のものは管理するようにします。
!で打ち消せば良いようです。
# class file
*.class

# Jar file
*.jar
!maven-wrapper.jar

$ git rm --cached -r .
error: the following file has staged content different from both the
file and the HEAD:
.gitignore
(use -f to force removal)
?なんかエラーになった。強制削除しろって?
とりあえずバックアップとっといて
$ git rm --cached -f .gitignore
rm '.gitignore'
$ git rm --cached -r .

$ git add .
$ git ls-files --others --ignored --exclude-standard
target/MyBootApp2-0.0.1-SNAPSHOT.jar
target/classes/com/example/springboot/MyBootApp2Application.class
target/test-classes/com/example/springboot/MyBootApp2ApplicationTests.class

とりあえず想定したファイルが管理対象外になりました。

6、コミット
$ git commit -m 'First Commit' .
$ git status
On branch master
nothing to commit, working directory clean

7、リモートリポジトリの追加
$ git remote add origin URL

URLはBacklogのSSHで示されるものを指定します。

確認は
$ git remote
-vを付ければ詳細表示

$ git remote
origin
$ git remote -v
origin pakuqi@pakuqi.git.backlog.jp:/BTP/test2.git (fetch)
origin pakuqi@pakuqi.git.backlog.jp:/BTP/test2.git (push)

8、ユーザ名とパスワードを設定
$ git config --global user.name ユーザー名
$ git config --global user.email メールアドレス

現在の登録を確認するには
$ git config --global --list

9、Push
Backlogに用意したリポジトリにPUSHしてみます。

$ git push origin master
The authenticity of host 'pakuqi.git.backlog.jp (52.192.66.90)' can't be established.
RSA key fingerprint is 25:c4:1e:3b:c9:5e:d9:7b:e3:3f:d5:3d:ac:84:c8:4d.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'pakuqi.git.backlog.jp,52.192.66.90' (RSA) to the list of known hosts.
Counting objects: 54, done.
Compressing objects: 100% (39/39), done.
Writing objects: 100% (54/54), 55.00 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 54 (delta 1), reused 0 (delta 0)
To pakuqi@pakuqi.git.backlog.jp:/BTP/test2.git
* [new branch] master -> master

yesを押下すると
秘密鍵のロック解除画面表示
アプリケーションが秘密鍵'xxxxxxx'にアクセスしようとしましたが、ロックがかかっていました。
と表示されるので秘密鍵を生成したときのパスフレーズを入力してロック解除を押下します。

SSHを使ってのPUSHが終わりました。

10、Backlogでの確認
Backlog側で確認してみます。
作成したリポジトリにファイルが追加されています。

画像


11、SmartGitで読んでみる
10まで終わったところでSmartGitで該当プロジェクトを読み込んでみます。
SmartGit
Repository→Search for Repositories
ウインドウ上で追加したプロジェクトのディレクトリを選択してOKを押下します。

画像


特に問題なく表示されます。

LogやBranchはGUIで見た方がわかりやすそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ubuntu コンソールからSSHを使ってPUSHしてみる 電脳羊(Android Dream)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる