電脳羊(Android Dream)

アクセスカウンタ

zoom RSS Spring boot ThymeleafでJSR 310: Date and Timeを使う

<<   作成日時 : 2017/04/14 14:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Spring徹底入門のチュートリアルを始めたんですが、いきなり

JSR 310: Date and Time APIのクラスを使用するからライブラリとクラスを追加してねと
。。。。
えっとなにそれ?
http://acro-engineer.hatenablog.com/entry/20130213/1360691391

なるほど
java.util.Dateが使いづらいので作られたJoda TimeというOSSのライブラリの発想をパクって参考にしてJava8にも似たような機能が実装されたんですな。

ViewとしてThymelieafでDate and Timeクラスを扱うことが出来ないのでThymeleafから提供されているthymeleaf-extras-java8timeを使う必要があるんだとか

ここですね。
https://github.com/thymeleaf/thymeleaf-extras-java8time

groupId: org.thymeleaf.extras
artifactId: thymeleaf-extras-java8time

バージョンは
Version 3.0.0.RELEASE - for Thymeleaf 3.0 (requires Thymeleaf 3.0.0+)
Version 2.1.0.RELEASE - for Thymeleaf 2.1 (requires Thymeleaf 2.1.3+)


build.gradleの

dependencies {
compile('org.thymeleaf.extras:thymeleaf-extras-java8time:3.0.0.RELEASE')
}


で良いみたいです。
しかし設定にバージョン入れるのゲフンゲフン
後は

import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;
import org.thymeleaf.extras.java8time.dialect.Java8TimeDialect;

@Configuration
public class ThymeleafConfig {
@Bean
public Java8TimeDialect java8TimeDialect() {
return new Java8TimeDialect();
}
}


って感じでBeanを作ってやれば良いらしい。

(追記)
ある程度写経が進んだところで起動してみたら
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: org.thymeleaf.dialect.IExpressionObjectDialect

ってエラーに
ググってみると
http://ksby.hatenablog.com/?page=1487513133
build.gradleでバージョン指定をやめればよさそうです。

compile('org.thymeleaf.extras:thymeleaf-extras-java8time:3.0.0.RELEASE')

compile('org.thymeleaf.extras:thymeleaf-extras-java8time')

だからバージョン指定とか(ry

編集してから再起動したら問題なし

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Spring boot ThymeleafでJSR 310: Date and Timeを使う 電脳羊(Android Dream)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる