シャープ、Linux搭載のモバイルインターネットツール「NetWalker」

シャープから発表されました「NetWalker」
画像


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090827_311046.html

ネットブックとスマートフォンの中間にあたる製品で、MIDやスマートブックと呼ばれる分野に属する。
CPUはFreescale i.MX515(ARM Cortex-A8アーキテクチャ、800MHz)、メモリは512MB(固定)、ストレージは4GBフラッシュメモリ(ユーザーエリア約2GB)。
5型ながら1,024×600ドットと高解像度のTFT液晶を搭載。タッチパネル機能も備える。フォントにはシャープ独自のLCフォントを使用する。
インターフェイスは、microSDスロット(microSDHC対応)、USB 2.0×1、mini USB 2.0×1、ヘッドフォン端子、IEEE 802.11b/g無線LAN。3G回線などのワイヤレスWANは搭載しないが、USB端子にイー・モバイルなどのUSB通信アダプタを接続できる。
バッテリはリチウムイオンで丸形セル2本を本体に内蔵し、バッテリの脱着はできない。バッテリ駆動時間は約10時間。
---------------------------------------
ほう中々のスペックですね。
特筆すべきは、OSはUbuntuが乗っているってこと!!
えっ、じゃ他のOSも乗るんじゃ!!
ってすぐに思いましたね(^^;)

メーカーの狙いは分かりませんが、Zaurusの後継って言っても良いんじゃ?

多分その内、Andoridがポーティングされるような気がします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック