iOSでのBLEに関して

BLE関連の仕事してるので調べたことをまとめておきます。

BLEはiOSの場合、iPhone4S以降であれば、CoreBluetoothを使用して実装ができます。
そのためか、資料、サンプルともに豊富です。

CoreBluetoothについては以下のレファレンスを参照して下さい。
http://developer.apple.com/library/ios/documentation/CoreBluetooth/Reference/CoreBluetooth_Framework/_index.html



●資料、ノウハウ等

1、 iOSアプリ開発者のための Bluetooth Low Energy体験講座
http://www.slideshare.net/reinforcelab/20130322-btle
上原昭宏さんによる講座の資料、非常にためになります。

Bluetoot Low Energy + iPhoneハンズオンワークショップ
http://www.slideshare.net/reinforcelab/20130601-btle
おなじく上原昭宏さんの資料、上記の資料に追記してワークショップ向けにしたようです。

2、 CoreBluetoothでつくるBluetooth Low Energyでバイス
http://www.slideshare.net/iseebi/core-bluetoothbluetooth-low-energy
伊勢シンさんによる発表資料、これもシンプルにまとまっていて良いです。

3、. BLEデバイス制作とiPhoneからのコントロールの基本
http://www.laksmido.com/bledemo/iPhoneBLE112.pdf
基本からハードウエアまで多岐にわたって解説しています。サンプルもあります、お勧め

4、Reinforce-Lab.'s Blog
iOS Bluetooth Low Energyの開発 その1
http://reinforce-lab.github.io/blog/2013/01/21/ios-ble-introduction/
上記1の上原昭宏さんのブログ、BLE関連が豊富なので一通り見ておくと良いでしょう。

5、iPhoneアプリでBluetooth通信を使うための基礎知識
http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/ios_sensor04/01.html
@ITの記事、詳細でサンプル等もありお勧め



●サンプルコード、アプリケーション等

1、CoreBluetooth_samples
https://github.com/reinforce-lab/CoreBluetooth_samples
上記資料1のサンプルコード

2、BLEデモ
http://www.laksmido.com/bledemo/bledemo.zip
上記資料3のサンプルコード

3、BluetootLESample
http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/ios_sensor04/BluetoothLESample.zip
上記資料5のサンプルコード
Logitec LBT-VRU01(ぶるたぐ)と接続して、アラートを鳴らしたり、バッテリー残量を取得したりできます。

4、iOS Developer Libraryのサンプル
BTLE Central Peripheral Transfer
http://developer.apple.com/library/ios/#samplecode/BTLE_Transfer/Introduction/Intro.html#//apple_ref/doc/uid/DTS40012927
Apple Developerに置いてあるサンプル
CentralとPeripheralのどちらにも慣れるサンプルです、iPhoneを2台用意して、短いテキストを送信できます。

5、CBPeripheralManager-Demo
http://d.hatena.ne.jp/shu223/20120923/1348355900
このリンク集のCoreBluetoothで紹介されています。
CentralがMac用、PeripheralがiOS用のサンプルコードです。サンプルは以下です。
https://github.com/KhaosT/CBPeripheralManager-Demo

その他、BLExplr
https://itunes.apple.com/jp/app/blexplr/id524018027?mt=8
iOS用のアプリケーション、ScanしてBLE機器を一覧表示、タップすると接続してさらに詳細情報を表示します。
Peripheral側を開発したときにちゃんと動作しているか、想定したデータ構造になっているかを確認できます。

●まとめ
iPhoneでは、CoreBluetoothを使って実装すれば良く、資料もサンプルも豊富です。
Peripheral側を実装できるのも強みです。
最近Android4.3でネイティブでBLE対応しましたが、CentralのみのAPIしかなさそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック