Inside Androidの出版

今日、たまたまamazonのAndroid関連の書籍をチェックしていて見つけました。

画像


http://www.amazon.co.jp/Inside-Android-Hyung-Joo-Song/dp/4893622889/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1384270525&sr=8-3&keywords=android

著者からすると、おそらくこの本の翻訳のようです。
http://www.kapg.org/J_Inside_Android

画像


ちょっとショックでした><
というのも、原著はハングル語ですが、中国語版があり、それを元に個人で中国語版から日本語翻訳していたからです。
テキスト部分だけざっくり翻訳して、ブラッシュアップしながら、図表を追加していました。
まあしょうがないですね。
ただ原著の出版が2010年なので内容は2.2くらいなんですね。
下回りはアプリケーションよりは変化が少ないですが、さすがに3年経ってると色々変わっています。
その辺も含めて翻訳してるのか、単に直訳しただけなのか、ちょっと気になります。

これとは別にクラウドファンディングでInside Androidの翻訳原資を募っています。@kinnekoさん情報ありがとうございました。
http://www.indiegogo.com/projects/inside-android

-抜粋-
In fact, there's millions of lines of source code in android. Fortunately, Samson Luo wrote a book in chinese to clarify all these questions, with all the related knowledge he got in these years as an experienced engineer of linux/android.Now, he and I decide this book belongs to the android family, so to make more people get benefit from it, we will rewrite it in English.

Samson Luo氏が書いた中国語の本をリライトするようです。

多分、Inside Androidの中文版のことではないかと思います。Samson Luoで検索してみましたが、該当の本が見つかりませんでした。
まだ資金が集まっていないようですね。




Inside Android
パーソナルメディア
Hyung Joo Song ほか

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Inside Android の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック