Androidのなかみ(Inside Android)が発売されました

本日、パーソナルメディアからAndroidのなかみ(Inside Android)が出版されました。

画像


原著はこちら、ハングル語です。
http://www.kapg.org/J_Inside_Android

中文版もあります。
http://www.amazon.cn/Android%E6%A1%86%E6%9E%B6%E6%8F%AD%E7%A7%98-%E9%87%91%E6%B3%B0%E5%BB%B6/dp/B007PMPHJA/ref=sr_1_12?ie=UTF8&qid=1387375450&sr=8-12&keywords=%EF%BC%A1%EF%BC%AE%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%8F%EF%BD%89%EF%BD%84

この中文版は以前上海に行ったときに買って、おれおれ翻訳をしてました。
テキスト部分は翻訳がざっと終わって、見直しながら図を描いてたんですが。。。。
先を越されました><

ざっと見ました。
最近の状況に合わせて追記や註釈はしていますが、基本は原著をほぼそのまま翻訳しているようです。
原著は2010年出版のはずなので、中身はFroyoとか2.x系を元にしています。
そのため現在と比べると古いですが、下回りは比較的変更が緩やかですし、ここに書かれているのはAndroidの核心といっても良い内容です。
この本に書かれていることを理解すれば、最新のソースコードを読む場合でも役に立つのではないかと思います。
中文版を横において、年末年始じっくり読もうと思います。

Androidフレームワーク研究会という方たちが翻訳しているようです。
残念ながら存じ上げません。お名前で検索してみましたがヒットしませんでした。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック