Ubuntu12.04にWindows7からリモートデスクトップでアクセスする

Ubuntu12.04をインストールしてごにょごにょしてるわけですが、物理的に離れているけど、Windowsマシンからアクセスして操作したいことありますね。
Ubuntuはあくまでサーバで普段はWindowsマシンでの作業がメインでしょうから。

Windowsにはリモートデスクトップという便利なツールがありますが、これのサーバ側のソフトをUbuntu側に入れてやれば実現できます。

1、xrdpのインストール
$ sudo apt-get install xrdp vnc4server xvfb

xrdpは、RDP(Remote Desktop Protocol)のサーバ側の実装です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/word/page/10005039/

2、ログイン時の設定
echo "gnome-session --session=ubuntu-2d" > ~/.xsession

この設定をしないとログインしてもメニューが表示されません。
http://recitativo-fant.asia/blog/2012/08/ubuntu-1204-xrdp.html

Unityがリモートアクセスするときは、2Dじゃないと駄目っぽいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Unity_(%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9)

3、キーマップの設定
上記まででログインできて、メニューも表示されるのですが、キーマップが英語のままです。
http://www.eonet.ne.jp/~smallbear/X/xrdp-jpkeymap.html
ここからキーマップファイルをダウンロードして、 /etc/xrdp にコピーします。

4、デスクトップの共有
ネットで検索すると、デスクトップの共有設定をするように書いてあります。
ターミナルでvino-preferencesを実行するか、Dashホームでvinoと検索すると「デスクトップの共有」というのが出てきます。
画像


ただ私の環境では、設定しても有効になりませんでした。設定は以下のブログを参考に
http://masahir0y.blogspot.jp/2013/05/ubuntu.html



4番の手順はとりあえず保留にして、Windows7からリモートデスクトップを起動します。

画像


UbuntuのIPアドレスをifconfigコマンドで調べて、入力して接続を押下します。
警告がでますが、はいを押下します。
画像


ログイン画面が表示されるので、ログイン名、パスワードを入力してOKを押下します。
画像


Ubuntuのデスクトップが表示されます。キーマップも日本語になっているはずです。
リモートから操作ができます。
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

森隆弘
2017年05月22日 02:11
最近AEROADMINを使い始めました。いいアプリですよ。動作は重くない・・・あなたもやってみてください

この記事へのトラックバック