R.javaの定義が見つからない場合の対処

自動生成されるR.javaのオブジェクトが見つからないっているエラーは良く出ます。

だいたいは、layoutディレクトリ、valuesディレクトリ、AndroidManifest.xml等のXMLファイルで書式や値でエラーが発生してR.javaが生成されていない。
その場合はR.xx.xxxxというとこは全部エラーでIDEが真っ赤になります。

今回は違いました。
1、R.javaは生成されており、参照するオブジェクトもR.javaに存在する
2、参照するリソースはXMLファイル内にも定義されていてエラーになっていない
3、特定のソースファイルでのみR.javaへの参照が見つからないというエラーになる。
4、たまにエラーが消える

プロジェクトをクリーンしたりリフレッシュしてるとまれにエラーがなくなりますがエディットしてるとまたエラーになります。

なのでXMLファイルの定義ミスということではなさそうです。
検索していて解決法が分かりました。
http://twoharf.blog134.fc2.com/blog-entry-363.html

にあるようにソースのimport android.Rを削除すれば良いってことです。

確かにエラーになるソースだけ「import android.R」がありますね。
こんなんインポートした覚えないんだが...


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック