PHP開発環境の構築

PHP開発環境を構築してみます。

前回で最低限のインストールは終わりました。
テキストエディタで開発できなくもないですが効率が悪い

ぐぐるとPDT(PHP Developer Tool)というのがあるらしいです。
Eclipseへのプラグインですね。
Eclipseのダウンロードページへ行くと既に
Eclipse for PHP Developersというパッケージが既にありました。
画像

これを使えば良いでしょう。
EclipseはLuna(4.4.1)
LunaからJava8にも対応したらしいので最新版で環境組んでみましょう。

1、Java8のインストール
OpenJDKでも良いのですが、OracleJDKをインストールします。

Linuxにインストールする時って面倒なんですよね、パッケージ情報アップデートしてもそんなん知らんって言われる
下記の手順でOracleJDK8がインストールできました。
http://qiita.com/niusounds/items/1f32dcd6fa1f57ade98a

$ sudo apt-get install python-software-properties
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install oracle-java8-installer
以下の画面が表示されるので、<了解>でキーを押下します。
画像


ライセンスを聞かれますで、<はい>でキーを押下します。
画像


インストールが完了したので確認します。
$ which java
/usr/bin/java

$ java -version
java version "1.8.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_25-b17)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)

問題なさそうです。

2、Eclipse for PHP Developersのインストール
Eclipseサイトからダウンロードします。
適当なところに解凍してパスを通します。

$ eclipse
で起動

画像


Workbenchへ移動します。新たにプロジェクトを作成すればいいはずです
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック