UbuntuでVirtual Hostの設定

UbuntuでVirtualHostの設定を行います。

1、設定ファイルの作成
以下のディレクトリに設定ファイルを新規追加します
/etc/apache2/sites-available
ファイル名はstudy.com.confとします。
(注意)
以下にあるようにApache2.4系からは
/etc/apache2/sites-available/ 内のファイルは、ファイル名の末尾に .conf を付けなければ(設定ファイルとして)認識されなくなった。
だそうです。
http://freefielder.jp/blog/2014/05/apache24-virtualhost.html

設定ファイルを環境に合わせて作成します。

ServerName study.com
ServerAdmin webmaster@virtual.host
DocumentRoot /home/study/public
ErrorLog /var/log/apache2/virtual.host.error.log
CustomLog /var/log/apache2/virtual.host.access.log combined
LogLevel warn


以下のコマンドで有効にします。
$ sudo a2ensite study.com
Enabling site study.com.
To activate the new configuration, you need to run:
service apache2 reload

/etc/apache2/sites-enabled
に/etc/apache2/sites-available/ へのシンボリックリングが作成されます

2、サービス再起動
Apache再起動します。
$ sudo service apache2 reload
* Reloading web server apache2 *

指定したディレクトリにPHPのサンプルを置きます。

3、ブラウザで確認
http://local.study.com/virtual.php

しかし、Forbiddenと表示されます。
画像


以下に解決法が書いてあります。Apache2.4になってから変わったようです。
http://qiita.com/Morikuma_Works/items/30abe1a68a3a4e8881ab

以下を追記します。

Require all granted


4、/etc/hostsに追記
以下を追記します。
127.0.1.1 local.study.com

これでサンプルが表示されるようになりました。
画像


どうもApache2.4から色々設定が変わってるようで注意が必要です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック