サウスピークで英語留学1日目

1日目と言っても単に移動です。

月曜日から授業開始なのですが、土曜日の夕方から入寮可能ということなので土曜日のお昼に出て夕方に着く便を選びました。
直行便がなくてマニラでの乗り換えです。
成田空港でチェックインしたらグランドスタッフの人から荷物は自分で乗せ替えて下さいって言われました。
聞いたけど要領を得ない、要は現地で確認してくれってこと。。。。

荷物預けて待ってる間にググりました。
このサイトがわかりやすい
http://www.gooddive.jp/virtualtagbilaranairportpicture.htm

乗り換えが1時間半しかないので、搭乗後にスタッフの人に乗り換え時間が短いので席をなるべく前にして欲しいとお願いしました。
出発少し前になって席が埋まったところでファーストクラスの後ろの結構前の席に移動させてもらえました。
少し揺れたものの無事にフライト、しかしマニラ空港が混んでるとかで20分から30分遅れるってアナウンスが!!
ただでさえ乗り換え時間短かいのに!!

着いたらダッシュ、transitってのが見えない!!
どんどん進んでるとスタッフに声かけられたのでトランジットどこ?って聞いたら、あそこから降りれるよって教えてもらってダッシュで降りると入管が、そんなに混んでなくて意外と早く抜けれました。
預けた荷物をピックアップして税関へ、サインもらってお姉さんに聞いたら元の場所に戻せば良いとのこと
ただ職員がいるので黄色いタグをつけてもらってくれとのことでした。
ピックアップしたところに戻って職員にtransitって言えば処理してくれました。

その後は国内線の出発へ、同じビルの3階なので外に出て指定のゲートで休憩
結果的に余裕で間に合いました。

少し補足すると
>税関書類にサインを貰ってください。(飛行機内で配られます)
この辺の手続きは税関で最初に税関書類渡しちゃえば良いみたいです。

まとめると
1、transitの口から降りる
2、入国審査
3、荷物ピックアップ
4、税関で税関書類渡す
5、荷物を持って元の場所に戻る
6、職員にtransitと言って荷物に黄色いタグを付けてもらう(そのまま乗っけてくれます)
7、外に出る
8、3階に上がって航空券見せて国内線のゲートから入る

こんな感じです。

ちょっと出発遅れたけど1時間ほどでセブ島に到着

事前の資料だと国内線の出口からでて向かいのスロープで待っててと書いてあるのでその通りに
うーんでもそれっぽい人いない
少し前にマカティで使ってたSIMを挿して300Pチャージしてあるので、電話したりサポートにメールしたり、メールで国内線の出口のところにスタッフがいるはずだと返答
戻ったらいましたね
どうも国際線で到着する他の生徒がいるらしく、国際線と国内線の出口をいったりきたりしてたらしい

無事合流して、ジブニーじゃないけどジプニーに似た乗り物(名前忘れた)で学校まで
だいたい20分くらいですね。
到着したんですが、あれ??ここ見覚えあるような、よく見直してもやっぱ知ってる

約3年前にラングリッジで1週間ほど短期留学したんですが、そこと同じ間違いない!!
うんここの写真と見比べてもそんなに変わってないね。
http://xiangcai.at.webry.info/201208/article_2.html

サウスピークはラングリッジから分かれて?できたみたい
一部のスタッフもラングリッジから来たみたい。

事務所の場所が3年前と変わってますが基本は変わんないですね。
ここ、プレミアム校は最近できたって聞いたけど、建物は再利用してるんですな。
なんだそういうことなのか。

事務所で軽く説明と自己紹介ビデオ撮ってから部屋へ移動して、荷物整理してるとルームメイトが帰ってきたので軽く挨拶して本日は就寝















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック