サウスピークで英語留学11日目

さて2周目の始まりです。

新しい時間割

1コマ目
RW 8:00 - 8:50 T先生
教材:TOEICテスト 公式プラティクス リーディング編

Unit8 Trial P109
Unit12 Trial P184 E-mail部分のみ

T先生がお休みなのでA先生が代役

宿題
limited, initiative, feasibleを使った作文
けっこう直されました
思ってもみなかったのはfの上のところがほぼ真っ直ぐなのでtと間違えられるからももうちょっとカーブさせて下さいってもの
おお、そんなとこもまで見てるんだ、OK, It's like a fook. と言って指を曲げて答えたものの
フックはfookじゃなくてhookだったorz

P109
additions sをはっきり

Dr. Anne [ӕ]をはっきり

practicing ingをはっきり

detailed[di:teild] i:をはっきり伸ばす

directions sをはっきり

encl(o)sed アクセントの位置を気をつける

こう見ると語尾がちゃんと発音出来てないですな(^^;

P184
けっこう時間が押してきたので短めの文をチョイス

Dear アクセントをはっきり

(a)pplication 第1シラブルのアクセントをはっきり

qualifications sをはっきり

of bookkeeper ofのVとbookkeeperのBが続くがきちんと区別すること

current アクセントは第1アクセント

industryで調子を下げる

businessで調子を下げる

Thanks sをはっきり

2コマ目
G 10:00 - 10:50 B先生
教材特になし

相変わらずテンション高いB先生、Happy Tuesday!!で開始
違うメンツなので、お互いに自己紹介

写真描写:三人の男女が笑ってる写真、多分コメディ映画でも見てるんだろう
いつものように3文作って順番に発表

今日のテーマ:humor
humorとは何か、自分の体験、自分をhumorがあると思うか(I am serious manと答えておきました)
なんかジョークを言う流れになったけど
先生に
Your my sun. Your smile make me happy. It's joke.
と言ったらとりあえずそれで許してもらえました(^^)

先生からはビルクリントが日本に来ることになって首相が急に英語を勉強することになったというジョーク
オチは内緒(^^)

笑うことはメンタル面で良い薬だと思うか?
については

I agree with this statement. Because some researcher said to laughing increasing immunity and prevent depression.
同意、何人かの研究者は笑うことは免疫力を増やして鬱を防止すると言っている

今日の言葉:take it easy
まあ、メジャーですね。
なんかセンテンス作ってと言われたので
You can do it, take it easy.
と適当なこと言ってみました

宿題:money 今まで1日でどれくらいお金を使ったことがあるか

3コマ目
P 13:00 - 13:50 F先生
教材:フォニックス<発音> トレーニングBOOK

新しい女性の先生
今まで発音で気になってたのことがあったので聞いてみました。

「ʌ」と「ә」は何が違うのか、どう発音し分ければ良いのか

結論から言うと「音」しては同じ
ただ、アクセントとストレスの有無が違うのだとか

「ʌ」
accented / stressed
例:cup, hug, jump, run

「ә」
unaccented / unstressed
例:lemon

husband[hʌzbәnd] は「ʌ」と「ә」が混じっていますが、当然アクセントとストレスは「ʌ」のところにあるとのことです。

GH PH
cough [ɔ]の発音は口を開けたままキープする。[ou]の発音については大きく口から小さい口へ変化する。

photo[foutou] futuに聞こえる。ph[ou]t[ou] [ou]をはっきり、大きい口から小さい口へ変化させる

phone[foun] fawnに聞こえる。[ou]をはっきり

trophy[troufi] [ou]をはっきり trはtʃrに変化する

rough[rʌf] rの発音をはっきり、Lと混同しない

laughter [ӕ]の発音をはっきり、最後は舌を引いてrの発音を出す(ちょっとで良い)lauhteに聞こえる

laugh [ӕ]の発音をはっきり

man [ӕ]の発音をはっきり[ɑ] ではない。nの時に舌の位置は上顎(Japanなども同じ)

is[iz] zをはっきり

WH
最初にちょっとだけHを出す

where[hweɚ]
wear[weɚ]
の違いを聞いてみました。hがあるかどうかの違いでほぼ同じだそうです。

他にも
which[hwitʃ]
witch[witʃ]
もhがあるかだけの違いだそうです。

whisper[hwispɚ] rをはっきり発音する。whispaに聞こえる

whichever vをBと混同しない、最後に舌を引いてrを出す。

the [ð]をはっきり

CK
black[blӕk] [ӕ]をはっきり、Bの時には口をまず閉じる、そして既に舌を上顎に付けて置く。そのまま声で唇を破って音を続ける。

sickly thicklyに聞こえる。Sの音を正確に出す

hammock[hӕmәk] [ӕ]をはっきり
hammer[hӕmɚ] hammまで言ったら舌を引く、舌を引くのが早いとharmmerになるので注意

wished 最後は[t]

Jack [ӕ]をはっきり

luck ruckにならないように急に立ち上げる

the exam [ð]をはっきり発音してそのままexamにつなげるexamは[ӕ]をはっきり

NG
n + g = ŋ
n + g = ŋg
の2種類がある

sing, bring, young [ŋ]のみ、gを付けない

moring rをはっきり

finger rをはっきり、fingaに聞こえる

jungle 語尾注意、jungolに聞こえる

hang, lung [ŋ]のみ、gを付けない

lightning 余分な母音が入ってligh-tu-ningの3シラブルになっている。light-ningの2シラブルが正しい
tを軽く言うと良いみたいです。
ライトニングボルトとかライトニングプラズマとか色々と影響されてるからですね(^^;

fascinating [ӕ]と[ei]をはっきり、アクセントは最初のシラブル

feeling i:を長く伸ばす

lovely VをはっきりBと混同しない

song [ɔ]をはっきり、口は開けたまま

st
stranger [ei]をはっきり、changも同じ、チェンジじゃなくてチェインジ

stomach[stʌmәk] ストマックじゃない

standard [ӕ]をはっきり、[r]もはっきり

oと書いて[ɑ]で発音する単語
mop, pop, lot, Bob, stock, doctrine 日本語のオで発音しないこと










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック