UbuntuでSpring Bootの開発 Legacy ProjectとGroovy

おいらとしては、Spring BootアプリをJava使ってGradleでビルドしたいんだが
とりあえず本に従ってやってみます。

1、Spring Legacyプロジェクトの作成と実行
Spring Frameworkを利用するには二種類のプロジェクトがあるそうです
・Spring Legacyプロジェクト Spring Frameworkを利用するプログラム用
・Srping Starterプロジェクト Spring Bootを利用するプログラム用

Legacyは遺産を意味するから以前(Spring Bootより前)からあるものってことかな?
Starterが最新のBoot用のプロジェクト用のようです。

Bootに行く前にその前のプロジェクトを学ぼうということなんだろうか
プロジェクトの作成でSpring Legacyを選択し、TemplatesでSimple Spring Web Mavenを選択します。
終わったら
・プロジェクトのアップデート
・Maven Install
を実行すると足らないライブラリをダウンロードしたりして最終的なWARファイルを作成するようです。

STSに組み込みのサー(Pivotal tc Server Developer Edition)に作成したプロジェクトを追加してからサーバを起動して
http://localhost:8080/SampleWebApp/
にアクセスすると「Click to enter」と表示されます。
画像


2、Groovyでの開発
Spring Bootでの開発言語はGroovyとJavaが選べるようです。
GroovyはJava仮想マシンで動作するスクリプト言語だとか。
とりあえずやってみます。

まずはSpring Boot CLIをダウンロードしてきます。
http://docs.spring.io/spring-boot/docs/current/reference/htmlsingle/#getting-started-installing-the-cli
画像

現在のバージョンは1.3.3
ダウンロードして適当に解凍して、.profileにPATHを追加します。
例: PATH=$PATH:$HOME/bin/spring-1.3.3.RELEASE/bin

Groovyのサンプルを書いて
$ spring run app.groovy
Resolving dependencies.............................................

2016-04-15 16:20:59.211 ERROR 61396 --- [ runner-0] o.a.coyote.http11.Http11NioProtocol : Failed to start end point associated with ProtocolHandler ["http-nio-8080"]

java.net.BindException: アドレスは既に使用中です

エラーになりました。
ああ、STS組み込みのサーバが8080ポートを握ってるんでしょうね。
http://localhost:8080
の結果として以下のようになります。
画像


STSで組み込みサーバを止めます。

$ spring run app.groovy
再実行してから
http://localhost:8080/
にアクセスするとhelloが表示されます。

画像


次にHTMLタグをベタに書いてみます。
こんな感じで表示されますね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック