Ubuntu にSpring Boot Jarファイルを作成して単独実行

Spring Bootは内部にTomcatを含んでいるので単独(Jar)で実行可能とのことでした。

ワークスペースを探してもJarファイルが見つからない?
http://hiranoon.hatenablog.com/entry/2015/12/30/111829#アプリケーションの起動
どうも自分で作らないといけないらしい、そんなん自動で作ってくれれば良いのに

該当のプロジェクトで右クリック→Run As→Maven Install
targetディレクトリの下にjarファイルが作成されました。
サイズは、20,204,201バイト

画像


コマンドラインから実行してみます。
$ java -jar ./MyBootApp-0.0.1-SNAPSHOT.jar

画像


Tomcatが起動したので以下のURLにブラウザからアクセスします。

http://localhost:8080/

問題なく画面が表示されました。
Tomcatも含んでいてJarを実行すればWebアプリケーションが動くってのは良いですね。
ただ小規模なら良いとして、大規模なシステムやTomcatをバージョンアップしたい、他のJavaサーバ使いたいってときは従来通りにWarファイルを作ってデプロイすることになるんでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック