BootCamp無しでWindows10をインストールする

会社の共用iMacをWindowsテストマシンとして使いたかったのですが、色々面倒
かつ何故かわからないないうちにインストールできてしまいました。

会社のiMacは実は2011なのでBootCampのWindows10対応リストに入っていません。
とはいえ、単にMS-EdgeとIEが使えればいいので別にかまわんだろうと強引にインストールしてみました。
対応モデル一覧
https://support.apple.com/ja-jp/HT204990#models

iMacでBootCampアシスタントを起動しても、何故かインストールディスクを作成するというメニューが出てきません。

しょうがないので別のMBPでUSBフラッシュ上にインストールディスクを作成しました。

このUSBフラッシュをiMacに挿して再度、BootCampアシスタントを起動
Windows7以降をインストールを選択しても
The installer disk could not be found
と表示されます。
ちゃんと認識されてるのに

しょうがないので、BootCamp無しでインストールしてみます。
BootCampはディスクの領域確保してるだけなので、手動でやっても変わらんだろうという安直な考え
以下のサイトを見つけたので、それにしたがって作業しました。
http://mitchie-m.com/blog/mac/boot-camp-windows10/

結論としては、exFATにしてもダメでした。
パーティションにWindowsはインストールできないというつれない返答
GPTのパーティション形式ではありません

じゃ、GPT形式にすればええんじゃろと調べるもののMacのディスクユーティリティではGPTにできない(メニューにそもそも出てこない)
GPT fdiskってツールがあるようですがこれはどうもディスクをGPT形式にするようです。
特定のパーティションだけは無理っぽい
Windowsだとdiskpartというツールがあります。インストーラの途中でshift + F10で起動できるようです。
しかしこれもディスクをGPTにコンバートするようです。

途方にくれてMBPの設定確認したらBootCampの領域は「OS X 拡張(ジャーナリング)」になってる。

なのでもっかいWindows用の領域を「OS X 拡張(ジャーナリング)」で確保してUSBフラッシュから起動

インストーラでNTFSじゃないのでインストールできないという表示
ここで
Windows用の領域を削除
新規追加
フォーマット
してやったら、何故か「次へ」が有効になりました。
後は表示にしたがってインストールしたらうまく行きました。

最後にBoot Campのドライバはこのマシン用じゃありません。
と表示されました(MBPで作った媒体だからしょうがないですね)
Boot Campドライバなくても手動で切り替えば良いのでとりあえず没問題。

後はOSのセキュリティパッチとか当てれば問題なし
画面も広く使えます。


ということで対応モデルじゃないiMacにBoot Camp無しでWindows10を無理くり入れてみましたが特に問題なさそうです。
あくまでWebアプリのテスト用にMS-EdgeとIEさえ動けばいいって条件ですが




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック