テーマ:BeagleBoard

TI_Android_ICS_4_0_3_DevKit BeagleBoard-xM用ビルドしてみた

2012年4月12日にTIからBeagleBoard-xm及びBeagleBone用のICSがリリースされました。 最近はPandaBoardばかりでしたが、久しぶりにこっちも弄ってみました。 基本は手順に従えばOKです。 このURLに必要なものは全てあります。 http://software-dl.ti.com/dsps/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

はえたたき2の開封の儀

本日JTAG DebuggerのFlyswatter2が届きました。 箱はこんな感じなシンプル 箱を開けると、追加で買ったアダプターも含めて全て入ってます。 とりだすと 左上から JTAG20ピンケーブル、JTAG14ピンケーブル(Panda, Beagle用)、シリアルケーブル、ホストコンピュータとつなぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Panda BoardでEM3

PandaBoardが届いたので、以前ビルドしてあったカーネルとユーザランドを焼いて動作確認完了。 せっかくだから何かビルドしようかなと思ったときに、OESFのEM3(Embedded Master)がどうなったかなと思って調べたら、4月に一般公開してますね。 http://www.oesf.jp/modules/n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Panda BoardでAndroid

久しぶりにビルドと設定したので、防備録がてらに手順を書いておきます。 基本はSolaさんのサイトの手順通り。 http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/3173852.html 少し補足しておきます。 (1)ソースコード取得 (2)kernel のビルド (3)Andro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Panda Board到着

久しぶりのブログ更新です。 昨日、いきなり業者から電話 ポチってすっかり忘れてました。 というか、DigiKeyから発送メールきてないし。。。 再配達依頼して、今日受け取りました。 シンプルな箱 緩衝材と本体のみ こんなに積んでも大丈夫なのか(^^) 真上から見るとこんな感じ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BeagleBoard xMでブートスクリプトの作成

BeagleBoard xMでSDカードの第1パーティションにMLO、U-BOOT、カーネル 第2パーティションにユーザランドを書き込んで、SDカードからブートすればAndroidが起動します。 実際には、U-BOOTに対してパラメータを設定します。 シリアルポートでTeraTerm等で接続して電源を入れると以下のようなメ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

EM2をBeagleBoardに載せる

OESFよりEmbedded Master 2が11月から一般向けに公開されました。 まだArmadillo用のソースは入っていなくてBeagleBoard用のみです。 そのうち、リリースされるでしょう。 Solaさんのサイトの通りにやればいけます。 http://blog.sola-dolphin-1.net/arch…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BeagleBoard xMでSDカードからのブートでの注意点

BeagleBoard xMで遊んでいて最初SDカードから起動できなくて悩んでました。 他にも困っていた人がいたので、ポイントをまとめてみました。 パーティションは2つに分割して、FAT32とExt3でフォーマットします。 1番目のパーティション(FAT32) (1)ジオメトリの設定 fdiskコマンドの上級者モー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OMAP3ブートシーケンス:翻訳

ネット調べてたら、TIの資料で以下のものを見つけました。 Boot Sequence http://processors.wiki.ti.com/index.php/Boot_Sequence 基本は先ほど書いたブログの内容と同じですが、ざっと翻訳してみました。 イントロダクション このページは、OMAP3 EVM…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BeagleBoard(OMAP3)でのブートシーケンス

BeagleBoard xMのマイクロSDからのブートにトラぶったので、そもそもBeagleBoardというかOMAP3のブートシーケンスってどうなってるのか調べてみました。 MLO Beagleで検索すると色々出てきます。 以下が参考になりました。 Beagle Board で Linux をブートする OOPer's…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BeagleBoard xMでFroyo ブートのための設定

えっと、やっとBeagleBoard xMが届いたので、さっそくFroyoを入れてみました。 カーネルとユーザランドは、Solaさんが公開してくれているので、それを使います。 いつもありがとうございます。(^^) http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/2978103.html カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0xdroidをBeagleBoardに乗せて、WIFI使用(まだ途中)

もくもくでWIFIを使用したいなぁ~と思ってまだ思考錯誤中です。 とりあえずやったことのメモ。 WirelessLANは プラネックスのGW-USMicroN-G BeagleBoard用の周辺機器探して秋葉原をぶらぶらした時にあちこちにあってお値段も 安かったのでこれにしました。 Linuxマシンに繋いでチップを確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BeagleBoard上で0xdroidを動作させる

Froyoに続いて、0xdoridも乗っけてみました。 基本は以下のURLにしたがって作業すれば良いです。 http://code.google.com/p/0xdroid/wiki/Source まだFroyoはないのようなので「beagle-eclair」を指定してソースをゲットしました。 つまずいたとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more