テーマ:Git

Ubuntu BacklogでPull Requestまでやってみる

前回ローカルからPUSHしてリモートリポジトリを作成しました。 1、開発対象をCloneする $ git clone repository directory repositoryはBacklogのHTTPで示されたものを指定します。 例: $ git clone https://pakuqi.backlog.jp/g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ubuntu コンソールからSSHを使ってPUSHしてみる

SmartGitからリモートリポジトリにPUSHしましたが伝統的なコンソールからの方法もやってみます。 せっかくだからSSHでPUSH 公開鍵は既にBacklogに登録済み。 適当にSpring Starterプロジェクト作成します。 Run As→Meven InstallでJarファイル作ってと 1、Git用に初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ubuntu SmartGitでRepository追加とリモートプッシュ

以前SmartGitをインストールしました。 STSのプロジェクトをローカルのSmartGitで管理、その後でBacklog上でシェア出来るようにしてみます。 1、SmartGitのインストール 以前インストールしました。以下を参照して下さい。 http://xiangcai.at.webry.info/201604/art…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UbuntuにSmartGitをインストール

UbuntuにGitをインストールしてソースコード管理ができるようにします。 クライアントとしてSmartGitをインストールしてGUIで操作ができるようにしてみます。 1、Gitのインストール Git自体をインストールします。 $ sudo apt-get install git $ which git /us…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BacklogでGitを使うための設定

BacklogでGitを使ってソースコード管理を行ってみます。 最近Pull Requestも実装されたようです。 http://www.backlog.jp/news/release/release-201508.html サルでも分かるGit入門にPRのチュートリアルも追加されたようです。 1、プロジェクトでGitの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mac Git dyld: Symbol not found: ___strlcpy_chk発生

Mac Book Pro 2011 earlyにAndroid Studioをインストール Gitも以下からダウンロードしてインストールしました。 https://git-scm.com/downloads しかし何故かターミナルでGitコマンドを実行すると以下のエラーが発生しました dyld: Symbol not f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルでも分かるGitコマンドをやってみた

おれおれ生産性向上のために、色々やろうとしてるところで、まずはGitくらいはちゃんと覚えよう ということで、色々サイトがあるのですが、 サルでもわかるGit入門 入門編 http://www.backlog.jp/git-guide/ をまずやってみました。 あとで使うので、Githubでチュートリアル用にリポジトリを作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more